★新空港占拠 全話ネタバレはこちら★

ノッキンオンロックドドア第2話感想!あらすじ・ネタバレまとめ

 SixTONESの松村北斗さんとなにわ男子の西畑大吾さんがドラマ初共演でW主演を務める「ノッキンオンロックドドア」。

 ドラマの原作は、新時代のミステリー作家・青崎有吾さんが上梓したシリーズ小説です。

 韓国や中国でも翻訳した書籍が発売され国内外から注目を集めている作品で初映像化となります。

 監督は堤幸彦さん、脚本を手掛けるのは浜田秀哉さんです。

 豪華スタッフに、演技派ジャニーズの松村さん西畑さんがタッグを組む、今期絶対に見るべきドラマと言われる作品です!

 この記事では、ノッキンオンロックドドア第1話のあらすじ・感想・口コミについてまとめました。

ノッキンオンロックドドア第2話 あらすじ

 3年前に不正献金疑惑で世間を騒がせた元衆議院議員・南雲弘伸が、自ら開催したパーティーでスピーチの最中に突然苦しみだし搬送先で死亡しました。

 スピーチ直前に南雲が口にしたシャンパンから毒物が検出されます。

 会場の入口には毒物が入った小瓶とともに古典落語「死神」の一節が記された紙が残されていました。

 あえて残されてた痕跡をみた警視庁捜査一課の穿地決は顔色が変わります。

 連絡を受けた倒理と氷雨が事件の謎を紐解きます。

ノッキンオンロックドドア第2話 感想

 倒理が氷雨の髪の毛をぐちゃぐちゃにするシーンはファンには可愛くてたまらなかったですね^^

 事件は美影によって考えられていることを知った上で倒理と氷雨は推理していたんですね。

 また、氷雨が美影と出会える場所を知っていて、ことあるごとに会っているのだという事実が明らかになりました。

 探偵が犯罪コンサルタントと会っているのは何のためなのか謎が深まります。

 美影は、自分が考えた犯罪のトリックを倒理と氷雨が解決し、穿地が操作するという関係性を気に入っているようでした。

 美影と氷雨の会話で「君は相変わらず倒理に殺されたがっているね」というフレーズがありましたが、6年前の事件と関係しているようで気になります。

 回想の場面では、氷雨・穿地・美影が屋内で血を流している人をみて驚いていましたが倒理のようにも見えました。

 6年前の事件をきっかけに4人の関係性が変わるターニングポイントになったのはほぼ確実でしょう。

 氷雨が美影からもらったヒントをきっかけに倒理の言葉を思い出すシーンは、やはり倒理の方が氷雨より上手なのかな?という印象を受けました。

 倒理が言った「10万円」をキーポイントに南雲の事務所に急いで向かいましたが、そこで南雲の秘書により倒理が殴られ血を流して倒れていました。

 血を流して倒れている倒理を見て、秘書に対して何か言うでもなく倒理に寄り添うと氷雨自身が過呼吸のようになってしまいました。

 氷雨が背負っている過去や倒理への想いがますます気になります><

ノッキンオンロックドドア第1話 口コミ

「倒理に殺されたがってるってどういうこと!?」

「氷雨は倒理に殺されたがってるねでゾクってした」

「氷雨が倒理に抱いてる感情って相棒の部類以上の何か」

と、美影の言った言葉が気になる声が多くあがっていました。

とても意味深なフレーズですよね…。

真面目で探偵という仕事に真摯に向き合う氷雨が倒理に対してもっている感情が気になります。

「最後数分の情報量多すぎて処理できない…」

「どういうことだろう?」

「なんですか普通のバディモノじゃないんですか?」

最後の数分で畳みかけるように4人の関係性が明らかになって複雑に絡み合っていたので、視聴者は思考が追い付いていけませんでした。

トリックを解いていくミステリーというよりは、そのトリックの裏にある主人公たちの関係性の方がミステリーなようですね。

30分の放送では描き切れないので次回放送が待ち遠しいです!

まとめ

 社会性に欠ける倒理と常識的な氷雨が、いがみ合いながらも共同経営者として奇妙な難事件に次々挑んでいくバディの姿が楽しみです。

 二人が大学時代に直面した未解明事件の真相についても徐々に明かされていくので、最終回までにどういう展開になっていくのか気になりますね!

 このサイトでは、「ノッキンオン・ロックドドア」の感想やあらすじ・口コミをまとめています。

ノッキンオンロックドドア|全話ネタバレ!感想・あらすじまとめ

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。