★新空港占拠 全話ネタバレはこちら★

新空港占拠第10話(最終回)感想!あらすじ・ネタバレまとめ

嵐の櫻井翔さんが主演を務める「新空港占拠」。

大病院占拠の続編として新たな敵に立ち向かうドラマです。

 この記事では、新空港占拠第10話のあらすじ・感想・口コミについてまとめました。

 huluで『新空港占拠』と『大病院占拠』を振り返る >>

新空港占拠第10話 あらすじ

「全員、皆殺しだ」と、暴走を始めた大河は空港から人質全員を奪って逃走します。

SAT隊員が獣たちを次々と制圧していく中、悠月(龍)が隙を見て空港を抜け出し大河の後を追います。

大河の行先と目的を岩槻から聞き出した武蔵は絶句します。

大河が空港占拠に加担した理由とは?

裕子を拉致した本当の狙いや用意された最悪の結末…。

すべてを知った武蔵は大河の危険な計画を食い止めるべく、本庄とともに現場へ向かい最後の闘いに挑みます!

一方さくらは、人質全員の命を守るため、意を決してある人物に救いを求めます。

大河が暴こうとしている最後の嘘…真の山猫の正体とは!?

獣たちの願いや武蔵と大河の死闘、最後に訪れる衝撃胃の十数秒!

運命の最終回です!

新空港占拠第10話 感想

和泉が、新見大河を止める方法を聞いた相手は丹波管理官でした。

そして、警察に制圧された獣たちも、新見大河を止めたいと思っていて和泉に懇願します。

丹波管理官は、新見大河を止める方法は配信を切ることだと武蔵に伝えます。

大河は配信にこだわっていて、配信で人質を殺すところを世間に見せられなければ人質は殺さないというのです。

武蔵たちが動こうとしたところに、悠月が警察の格好をして現れます。

武蔵に銃口を突きつけて大河たちのところへ向かいますが、エレベーターの中で悠月は銃を武蔵に渡します。

悠月は紗季を助けられればいいといいます。

大河と人質のもとに武蔵と悠月が到着したところで、大河は「お前たちの嘘を暴く」と言い配信が始まります。

かながわ新空港促進協議会がネオメタンの利権を山分けしようとしていると大河は主張し、山猫は北見ではないと言いました。

北見は山猫の下っ端で、もしもの時に身代わりになるために嘘の証拠を集めていたというのです。

山猫を引き継いだのは武蔵の姉・二葉だったのです。

Mプロジェクトは国を守るための必要な犠牲だと二葉は主張します。

大河は悠月に銃を渡し二葉を殺害するように言いますが、「武蔵二葉は自分の罪を認めた」として断りました。

悠月は爆弾の時限装置を解除し、大河が人質や武蔵を殺すことを阻止しましたが、裕子を撃とうとした大河を銃殺してしまいます。

悠月は警察に連行され人質は保護されましたが、二葉は銃を持って自殺しようとします。

二葉は家族のことをすべて打ち明け、三郎は二葉のすべてを受け入れるから生きるように言いました。

新空港占拠第10話 口コミ

まとめ

大病院占拠に続き謎の多い新空港占拠

全キャストとのつながりや裏切りなど見どころがたくさんありそうです!

このサイトでは、「新空港占拠」の感想やあらすじ・口コミをまとめています。

新空港占拠|最終回まで全話ネタバレ・あらすじまとめ

\大河が主役のhuluオリジナルストーリー『新空港占拠前』はこちら/